テーマ:会話の格闘術 感想

暗示は成功への最短の道 仕事前に自己暗示を脳に叩き込む! 会話の格闘交渉術体験

暗示は成功への最短の道だと思う。 しかし、無意識の世界に暗示が入らないと意味がない。 暗示にも色々な段階がある。 いわゆる「素通り」「気づき」「浸透」と簡単に分けるとこんな感じか? 暗示と聞くと催眠状態で暗示を入れるということを思い浮かべるが、実は催眠状態で暗示を入れても浸透までは行かないそうだ。 うまくいって「入ったかな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ストレスと激務な日々 ストレス対処法にはトランス呼吸法をやっている

しばらく仕事が忙しくて、更新が滞ってました。 仕事に対して熱心にも得られる状態は、疲れもいい疲労感に感じるし、お風呂が何より楽しみになる。 温かい湯につかった時の解放感はたまらない。 それに「ゆるむ」ことが脳に条件付けされているため(暗示を浸透させる訓練で身につけた)、人よりも緩みのスピードと深さが違うと思う。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会話の格闘術の秘訣! ビジネス交渉力劇的向上方法 相手をコントロールする前に自分が変われ!

不況だというのに忙しくてブログが更新できませんでした。でも、ありがたいことだ! とはいえ、忙しい中にもブログを書き込みできる時間はあったはず。 反省してます。 さて、本題に入りたい。 岩波先生の会話の格闘術は、相手を潜在意識と脳内からコントロールする技術だ。 しかし、相手を変化させるためには、まず自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己啓発・自己研鑽 言葉にパワーをこめる方法 会話の格闘術で教わったこと

なぜ同じ売り文句なのに、(営業・交渉に限らず)人を惹きつける言葉と素通りしてしまう言葉とに、わかれるのか? 今日はそんなことを書いていきたい。 このブログに書くことで、自分自身に言い聞かせることができる。 惰性に陥らないためにも再確認をし続けるべきだし、、やっぱりブログ更新は必要なんだなと思う今日この頃です。 言葉の重みや言…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「岩波トランス呼吸法」の効能 ~人間関係スキル・交渉術との関連性~

交渉術・営業術の先生である岩波さんは、3年ぐらい徹底して呼吸法に自己流で取り組んだらしい。 そして、呼吸法のすごさとすばらしさを体感し、自分を変えるためのツールに利用したそうだ。 何でも執着して独自の道を切り開いてきたことは、大いに刺激を受けた。 呼吸法は人の精神(潜在意識・無意識)と脳に多大な影響を与えることができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗示と呼吸法で惰性をリセットし、あらたにモチベーション上げる。

人を説得する力を持つためには、こちらが燃えていなければいけない(うちに秘めたものを含む)。 醒めた人間、惰性のダラダラ人間の営業ほど、交渉相手は時間がもったいなく感じてしまう。 営業という仕事をしていて、他の営業職についている奴を見ると、これでは営業成績はあがらないなとわかってしまう。 当たり前なことだけど、営業成績がいい奴は、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強交渉術&話し方教室 岩波英知会話の格闘術を受けた感想

自慢じゃないけれど、営業会話術を得るために、東京にある話し方教室や営業セミナーをたくさん受けてきた。 就職活動の時から、最終的に岩波さんの会話の格闘術を受けるまで、4教室通った。 その中で別格だった会話術が岩波さんの会話の格闘術だった。 会話術ではなく、人間心理と脳内攻略術といったほうがよいか。 他がカローラや軽自動車だとし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

会話の格闘術とは? コミュニケーション能力と営業交渉術の達人になれる

俺が受けた会話の格闘術についてどんなものか知りたい人も多いと思います。 まず第一に会話の格闘術はただの会話術ではないということ。 自分の潜在意識を目覚めさせ、そこから醸し出した空気を相手の無意識に入れ込む人間心理攻略術とでも言うべきかもしれない。 大げさなことじゃなく、相手の心理・感情を揺り動かすためには、これまでも何度も書いてき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

交渉力とミュニケーション術の天才 岩波さん、会話の格闘術との出会い

営業マンのエギョーです。 長くなりそうですが、私が営業力、交渉術を身につけることができた経緯について書いていきたい。 まずは前置きから書いていきたい なんだかんだいって、お客さん(個人でも法人相手でも)は、商品を買う以前に、売り込みに来た人間を買うもの。 これは鉄則。 商品はいい方がいいが、ライバルの会社がたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more