テーマ:会話の格闘術講師岩波さんの教え

脳が覚醒した状態で相手と交渉すれば91%勝てた話 脳が魔法にかかり潜在能力が爆発する

会話の格闘術や脳覚醒プログラムで、岩波先生が脳を覚醒させてくれる魔法を持っている。 脳覚醒状態に入れると(誰でもいずれ入れるようになる)、自分が何をなすべきか、何が駄目なのかがわかってしまう。 そして無尽蔵のエネルギーが湧いて出てくるのがわかる。 超サイヤ人になったようなパワーを自分に感じるのだ。 俺は何でもできる! と心か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップ営業マンの共通点と特徴 ダメ営業マンとできる営業マンの違い

トップ営業マンとなってから、俺は非常に会社の中で身動きが取れるようになった。 ダメ営業マンだった時は、本当に居場所がなかった。 窓際コースに行くのが既定路線だったに違いない。 しかし頑張れば頑張るほど空回り。 ダメ営業マンどころか、自分がダメ人間だから営業先の交渉がうまくいかないのだと自己嫌悪に陥っていた。 電話恐…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

交渉術を劇的に上げるために必要な要因

オーラがなければ、どんなにうまく商品やサービスを説明しても、相手の脳は変化しない。 交渉とは言葉のやりとりではなく、脳を動かせるかどうかだ。 交渉相手の脳を動かすことさえできたら、もはや言葉なんかいらない。 それが会話の格闘術の教えだ。 そのためにはオーラを身につけないといけない。 かつてみすぼらしかった俺のオーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥をかく覚悟 トップ営業マンへなったきっかけの交渉 恥をかける人間こそ認められる、出世する!

人の心を動かすには、ありきたりの通り一遍の話し方では不可能だと痛感している。 それがいくら話し上手だったとしてもだ。 人から何らかの印象を持たれるには、人と違っていなくてはいけない。 いい印象でも悪い印象でもかまわない。 噛みついてきた人の方が、当たり障り無い人間よりもインパクトがある。 「明日死体になってるぞ!いいのかお前、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暗示は成功への最短の道 仕事前に自己暗示を脳に叩き込む! 会話の格闘交渉術体験

暗示は成功への最短の道だと思う。 しかし、無意識の世界に暗示が入らないと意味がない。 暗示にも色々な段階がある。 いわゆる「素通り」「気づき」「浸透」と簡単に分けるとこんな感じか? 暗示と聞くと催眠状態で暗示を入れるということを思い浮かべるが、実は催眠状態で暗示を入れても浸透までは行かないそうだ。 うまくいって「入ったかな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ストレスと激務な日々 ストレス対処法にはトランス呼吸法をやっている

しばらく仕事が忙しくて、更新が滞ってました。 仕事に対して熱心にも得られる状態は、疲れもいい疲労感に感じるし、お風呂が何より楽しみになる。 温かい湯につかった時の解放感はたまらない。 それに「ゆるむ」ことが脳に条件付けされているため(暗示を浸透させる訓練で身につけた)、人よりも緩みのスピードと深さが違うと思う。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己啓発・自己研鑽 言葉にパワーをこめる方法 会話の格闘術で教わったこと

なぜ同じ売り文句なのに、(営業・交渉に限らず)人を惹きつける言葉と素通りしてしまう言葉とに、わかれるのか? 今日はそんなことを書いていきたい。 このブログに書くことで、自分自身に言い聞かせることができる。 惰性に陥らないためにも再確認をし続けるべきだし、、やっぱりブログ更新は必要なんだなと思う今日この頃です。 言葉の重みや言…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「岩波トランス呼吸法」の効能 ~人間関係スキル・交渉術との関連性~

交渉術・営業術の先生である岩波さんは、3年ぐらい徹底して呼吸法に自己流で取り組んだらしい。 そして、呼吸法のすごさとすばらしさを体感し、自分を変えるためのツールに利用したそうだ。 何でも執着して独自の道を切り開いてきたことは、大いに刺激を受けた。 呼吸法は人の精神(潜在意識・無意識)と脳に多大な影響を与えることができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗示と呼吸法で惰性をリセットし、あらたにモチベーション上げる。

人を説得する力を持つためには、こちらが燃えていなければいけない(うちに秘めたものを含む)。 醒めた人間、惰性のダラダラ人間の営業ほど、交渉相手は時間がもったいなく感じてしまう。 営業という仕事をしていて、他の営業職についている奴を見ると、これでは営業成績はあがらないなとわかってしまう。 当たり前なことだけど、営業成績がいい奴は、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会話の格闘術~岩波先生の教え 不安な時、うまくいかない時が勝負

営業の仕事をやっていれば、うまくいくとき、、いかないときがあります。 うまくいっているときは、誰だって気持ちがいいし、何でもできるもんだ。 怖いものは少ないし、傷つくことも平気だったりする。 自信も持てるし、でかいことをする意欲も将来の展望も描きやすい。 いいことだらけ。 世の中うまくいっている人ばかりだと争いはなくなるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強交渉術&話し方教室 岩波英知会話の格闘術を受けた感想

自慢じゃないけれど、営業会話術を得るために、東京にある話し方教室や営業セミナーをたくさん受けてきた。 就職活動の時から、最終的に岩波さんの会話の格闘術を受けるまで、4教室通った。 その中で別格だった会話術が岩波さんの会話の格闘術だった。 会話術ではなく、人間心理と脳内攻略術といったほうがよいか。 他がカローラや軽自動車だとし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

喧嘩に勝つ方法 本当にケンカが強い奴はビジネス交渉術の達人になれる

喧嘩の強さは腕っ節ではない。 精神力がすべてだと思う。 もっといえば、『魂の強さ』が強い方が勝つどちらが相手を倒してやろうかという気迫が大きいと思う。 喧嘩する時、瞬間的に相手は与しやすそうか、手強いか、本能で人間は判断するもの。 だから、その精神力・気迫が勝ったものがまずは勝つ。 そこに差がある場合、殴り合いの喧嘩まで行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

営業力強化向上の秘訣と体験談 交渉相手は己の無意識の鏡だ

『交渉相手と秋の空』・・・・ こちらも人間なら、交渉相手も生身の人間。 いろいろな精神状態がある。 機嫌のいい日だったら交渉成立、虫の居所が悪かったら交渉不成立・・・・ こんな話はよく聞く。 営業先、交渉相手がどうも不機嫌そうな時。 笑顔なんだけど、話に乗り気じゃない時。 真っ先にこの相手じゃダメだと感じる相手…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ビジネス交渉力向上 一生懸命伝えるだけで交渉は成功するのか?

心と魂がこもっていない交渉は相手に何の感銘も起こさないことを書いた。 では、一生懸命相手に売り込みたいことを伝えればいいのか? という疑問が出てくる。 一生懸命やれば相手の心に伝わるかというと、その一生懸命さが相手の心に負担を起こしてしまう可能性もある。 しかし、心と魂を込めることは、最低限どんなことでも必要だ。 口下手だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

営業での交渉を成立させる(コミュニケーション能力が上がったのをを実感!)

営業術と交渉術が成長できてきたなぁという実感を得るのは、やはり営業先や取引先の反応がいい時だ。 昔だったら、仕事の話がすんだところで、お別れだったのを、わざわざ仕事とは関係ない日に食事に誘ってくれるようになった! また話してみたいと思われていると言うことはとても喜ばしいことだし、自信になる。 特に相手がハードネゴシエーター、強面だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交渉力とミュニケーション術の天才 岩波さん、会話の格闘術との出会い

営業マンのエギョーです。 長くなりそうですが、私が営業力、交渉術を身につけることができた経緯について書いていきたい。 まずは前置きから書いていきたい なんだかんだいって、お客さん(個人でも法人相手でも)は、商品を買う以前に、売り込みに来た人間を買うもの。 これは鉄則。 商品はいい方がいいが、ライバルの会社がたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more