トップ営業マンのなり方 脳覚醒の方法と会話の格闘術

アクセスカウンタ

zoom RSS 営業力強化向上の秘訣と体験談 交渉相手は己の無意識の鏡だ

<<   作成日時 : 2010/08/13 19:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

『交渉相手と秋の空』・・・・
こちらも人間なら、交渉相手も生身の人間。
いろいろな精神状態がある。
機嫌のいい日だったら交渉成立、虫の居所が悪かったら交渉不成立・・・・
こんな話はよく聞く。

画像


営業先、交渉相手がどうも不機嫌そうな時。
笑顔なんだけど、話に乗り気じゃない時。
真っ先にこの相手じゃダメだと感じる相手もいる。
その時、俺はすぐ戸惑って、まごついていたものだ・・・・。
どうせ話したって無駄だろう・・・・しかし、一応仕事だ、やってやるか・・・・。
そんな心理状態じゃ、ますます無理な話になっていった。
100%成功した試しがなかった。

トップ営業マンじゃない人間は、そのとき、相手が悪い、タイミングが悪かった・・・・と相手のせいにする。
まあ、他で成功すりゃいいやという感じで。
しかしトップ営業マン、つまり交渉の達人は、どんな人間でも結果を出せてしまう
話し上手だからか? 違う。
交渉相手がハードネゴシエーターの場合、話し上手なだけでは余計空気が悪くなる。

なぜだろう?
営業交渉術の師匠・岩波先生に相談したことがある。
その答えは「それは○○(俺の名前)の心情を相手が敏感に察知したからだ」という。
苦手意識を持った人間に、嫌だな・・・と無意識で感じている空気を人間は醸し出してしまうそうだ。
本当は2メートルの壁で超えられない高さじゃなかったのに、自分で5メートルにしてしまっていたわけだった。

前回のブログ更新の時に、相手の反応は、自分を鏡で映していると書いた。
嫌だな、苦手だなというオーラをしっかり相手に流してしまっていたのだ。
無意識で感じていることは、決して意識で押さえ込めない。
相手がやり手の場合、すぐ動物的本能やそれまでの経験で察知する


本当は別の空気やオーラを流すべきだった・・・・。
その空気とは「何があってもいいという覚悟」「苦手な人間でも何でもとにかく伝えるという決意」「自分という壁を取っ払って、むき出しの人間で勝負すること」という無意識からの構築が醸し出してくれる
こういう空気が相手の壁を崩してくれる。
無意識から構築したそれらの信念は、表面上で構築したわけじゃないから、真実だ。

知恵でつくった話は、偽物である可能性が強い。
真実に人は心を惹かれる。本能がそれを求めているからだ。
詐欺師が、なぜ成功するのかといえば、本気でその時は言っているからだ。
話し上手という理由だけじゃない。
もしくは、結婚詐欺でいえば、相手の心が「この人が好き! 愛している!」という感情でいっぱいだから、どんな理不尽な要求にも疑うことなく聞いてしまうのだ。

無意識から構築した心情は『真実』として相手に伝わる。
そこで迷っていたら、真実じゃない。
だから、その場でいくら上手に話しても、もう取り返しがつかない。
そのオーラを相手が吸った時点で勝負はついていた
わけだ。

トップ営業マンは、それをよく解っているから、話し方や交渉内容なんて二の次だ。
つまり自分自身で勝負しているのだ。
己の魂から、覚悟と信念を構築して勝負している。

営業とは自分を売り込むという格言は、まさにそういうことなんだと、岩波先生は教えてくれた。
売り込めるぐらいの自分を持っている人間の言葉は、拙くとも貴いものなのだ。

真実を交渉相手に感じさせれば、結果は思いのまま!
営業・交渉

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。
あくまでも自分が成長する以外、交渉術を向上させる手はないと言うことですね。
小手先で相手の反応を伺うことにうんざりしていたところなので、目を覚まさせて頂きました
stomach
2010/10/05 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
営業力強化向上の秘訣と体験談 交渉相手は己の無意識の鏡だ トップ営業マンのなり方 脳覚醒の方法と会話の格闘術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる